陶器について

薔薇貫入釉(ばらかんにゅうゆう)とは…

土と釉薬の収縮率によってできる釉薬の細かいひび(貫入)を薔薇の模様に発展させた技術です。

"The design of cracks made with glaze looks like closeness of tiny rose.
Ceramist Tomoyuki Honma"
釉薬で作られるひびは、まるで小さな薔薇がぎっしり詰まったような模様に見える。

使用上の注意

使い始めは貫入部分に水分が浸透し、模様が見えにくくなりますが、
しばらく使うと薔薇の模様が消えなくなります。

薔薇貫入釉薬・本間友幸の陶記色匂ふ:作品展示中

▲ このページの先頭へ